珉亭(宇都宮)

 

17日(土)のランチはコチラに初訪。

f:id:shadowth:20190219201923j:plain

宇都宮の老舗街中華、珉亭です。

(思いっきりフレアが入り込んでしまいました。)

 

f:id:shadowth:20190219202132j:plain

「世界で三番目に旨い」とは、カナリの旨さと見た!

かつてウチの近所にあった寿司屋は「二番目に美味い」を売り文句にしていましたが、「世界」じゃなく「市」で二番目でしたからね。比べもんにならないですね。

 

そんな外観とは裏腹に真新しいほうの暖簾をくぐりますと

f:id:shadowth:20190219202500j:plain

いわゆるキタナシュラン系の店でございます。「味で勝負」の店だから、綺麗かどうかなんて関係ないのです。

午後2時になろうとしているこの時間でもほぼ店内は満席状態で、人気のほどが伺えます。

 

メニュー

f:id:shadowth:20190219203035j:plain

f:id:shadowth:20190219203052j:plain

こーゆートコに来ると食べたいもんばっかりで、どれにして良いものか迷いますね。

さんざん迷った挙句、チャーハンと塩あんかけタンメンと餃子を注文しました。妻と二人でね。

 

チャーハン

f:id:shadowth:20190219203651j:plain

お~、なかなかのビジュアル。

遠近法でそれほど感じないかもしれませんが、奥の中華スープのほうがデッカイ(笑)。

 

では、いただきます。

f:id:shadowth:20190219203831j:plain

ウメ~!

パラパラとシットリの中間、よりも若干パラ系のチャーハン。

チャーシューと玉子とネギのシンプルな具ながら、ウマイとうならざるを得ない味!

でまた中華スープがなんちゅうか本中華イイ感じなのよ。

f:id:shadowth:20190219211509j:plain

この文字のかすれ具合が歴史を感じさせるでしょ?

 

次は塩あんかけタンメン

f:id:shadowth:20190219204152j:plain

塩ラーメンにあんかけ野菜が載ってるんじゃぁなく、塩味のあんかけ野菜のみで麺が覆われていますよ。

f:id:shadowth:20190219204326j:plain

アッツアツでウメ~!

これもイイ味出してますね~。

 

餃子

f:id:shadowth:20190219204542j:plain

1個がデカイんです。

f:id:shadowth:20190219204623j:plain

でもってウメ~!んです。

野菜メインの餡を少し厚目のピロピロ皮で包んだ餃子、こういうの好きですよ。

 

3品頼んで全部マイウ~。

f:id:shadowth:20190219211344j:plain

ごちそうさまでしたぁ~

 

こりゃ何度も通って他のメニューも食さねばなりませんな。

夜はツマミ系もあるらしいので、飲みながらゆっくり味わってみたい。

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

 

手打ち中華 心(宇都宮)

 

3日(日)の夕飯はこちらに初訪。

f:id:shadowth:20190209152825j:plain

「心」と書いて「こころ」と読みます。

人気店「黒潮寿司」のそばにできた白河ラーメンの新店ですよ。

 

メニュー

f:id:shadowth:20190209153253j:plainなにはともあれ

f:id:shadowth:20190209153437j:plain

ビールでプハ~。

ここからは妻に運転を任せてね。

 

だけどこの生ビール、キメが荒い泡で、しかも泡の割合が多くて、一口ぐびっといったらもう殆どビールが無くなっちまった。

店員がサーバーから注ぐのを見ていたら、下手なのなんのって・・・

泡で7割くらいになったジョッキから泡をスプーンですくって、ビールを継ぎ足して、泡をすくって、を繰り返してるんだもの。

自分でやったほうが遥かにマシ。

実はワタクシ、サーバー扱わせたら右に出る者はいない?くらいのサーバーの使い手なんですよ。

 

たまらず2杯目を注文しましたが「さっきの泡ばっかりで一口飲んだら無くなっちゃったから、泡入れないで!」と言ってナミナミにしてもらいました。

泡があっての生ビールなのは重々承知はしておりますが・・・

 

ま、そんなこんなでワンタンメンが出てきました。

f:id:shadowth:20190209154820j:plain

ビジュアルはまさしく白河ラーメンそのもの。

期待が膨らみます。

 

では、いただきます。

f:id:shadowth:20190209155128j:plain

ウメ~!

多加水で小麦の香りが鼻を抜けていく手もみ麺、「手打ち中華」と謳うだけあって、完璧な白河ラーメンの麺です。

 

スープ

f:id:shadowth:20190209155251j:plain

アッサリながらもしっかり深みのある、これぞ白河ラーメンのスープ。

このスープとあの麺が組み合わされば間違いない。

 

チャーシュー

f:id:shadowth:20190209155429j:plain

写真ではわかりずらいと思いますが、これも白河ラーメンの特徴である、燻したチャーシューです。自分はあまり好きじゃないけど、再現度が高いチャーシューですね。

 

ワンタン

f:id:shadowth:20190209155633j:plain

自分の中で白河ラーメンの楽しみと言ったら、ワンタン。

でもこれは普通でした。皮が手打ち(手作り)だったら最高だったのにな。麺とスープのレベルが高いだけにちょっと残念。

ここでは普通に中華そばを食うのがベストのようですぞ。

f:id:shadowth:20190209160403j:plain

途中からブラックペッパーを振りかけて味変。

うん、美味かった。

 

サイドメニューの餃子

f:id:shadowth:20190209160532j:plain

シャドウさんの好みの範疇に入る、皮がカリッとサクッとしていて、餡の肉野菜のバランスがいい、トヨタ的優等生餃子でした。

そういや2018餃子消費額日本一は浜松市に軍配が上がりましたね。

 

味見させてもらったチャーハン

f:id:shadowth:20190209160745j:plain

パラパラでウメ~!

シャドウさんはどちらかと言うとシットリ系が好きですが、これはウマイ。

 

生ビール以外はかなりレベルの高い店であると断言しよう!

生ビールのレベルが低い店って、そうそう無いよな。

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

 

中華まん博覧会に行ってきた(その2)

 

3日(日)に行った「中華まん博覧会」

shadowth.hatenablog.com

 

↑のように記事にまとめてみましたところ、

いつもコメントをくださる「こしあん」さん

cosian.hatenablog.com

 

同じく「tatsumo77」さん

tatsumo77.hatenablog.com

 

このお二方のコメントが、見事に記事に載せていない中華まんに対してであったもので、予定外ではありますが「その2」として記事にしてみました(笑)。

(お二方、他意はありませんので気になさらずに!)

前記事では特に美味しかった中華まんを紹介しましたが、それ以外も実際は甲乙つけがたく、断腸の思いで選外にしてしまったところですしね。

 

そんな美味かったけど選外になってしまった中華まん、まずは「海鮮しらすまん」から。

f:id:shadowth:20190207183929j:plain

f:id:shadowth:20190207183946j:plain

しらすドッサリというよりは、基本海鮮まんで、しらす感が強いまん、といったカンジでしょうか。過去の博覧会で売上ナンバーワンというのも頷けます。

 

続いて「キンメの煮付まん」

f:id:shadowth:20190207184016j:plain

f:id:shadowth:20190207184038j:plain

 キンメ鯛の煮付の味がふんだんにする美味しい中華まん(もはや”中華”は不要なのでは?)でしたよ。ただし鯛の身感が乏しかったので選外に。

でもあくまで他と比べてなので、旅行で伊豆に行ってコレが売っていたら、迷わず食うべし!というくらいウマいです。

 

最後は「関門うにまん 極」

f:id:shadowth:20190207184056j:plain

f:id:shadowth:20190207184115j:plain

これズルい系。コストかけて860円で売って、美味くないワケがない。

トロ~リうにクリームの上に生うにが載っていて、非常に美味かったっすよ。

これでマズかったら金返せ!レベルですもんね。

 

これで終わるのも何なんで

f:id:shadowth:20190207185837j:plain

すしざんまいで食った、しめサバの写真でこの記事を締めたいと思います。

御あとがよろしいようで(笑)

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村