なかがわ水遊園(大田原)<後編>

 

午後は「ジェルキャンドル作り」に挑戦。

 

午前中は猛暑の中、大興奮の釣りでした。

shadowth.hatenablog.com

 

キャンドルはこの四角いガラス容器に作ります。

f:id:shadowth:20190825111644j:plain

ここに砂やガラス細工の魚なんかを入れ、燃料となるジェルを入れて完成させるんですね。

 

カラフルな砂

f:id:shadowth:20190825111746j:plain

 

サンゴのかけらや小さな巻貝など

f:id:shadowth:20190825111818j:plain

 

さぁ、想像力を発揮させる時が来た。

f:id:shadowth:20190825111926j:plain

やり直しがきかないので、姪も慎重に砂を入れています。

 

最初は「?」と思ったけど、姪は姪なりに考えているようで、

f:id:shadowth:20190825112019j:plain

f:id:shadowth:20190825112109j:plain

こんなカンジに仕上がりました。

真ん中に燃やすための芯を入れるとキャンドルになりますが、姪は入れず、ただのオブジェにするようです。

(ちなみにこの回の参加者、10人くらいチビッコがいましたが、全員芯を入れませんでした。)

 

ここに熱いジェルをスタッフさんが流し込んでくれます。

 

ジェルが冷めて固まるまでの間、水族館に入りました。

f:id:shadowth:20190825112455j:plain

アロワナの巨大バージョンでしょうか。

 

中庭は温室のようになっていて、熱帯植物なんかも見られます。

f:id:shadowth:20190825112553j:plain

バナナってこう実るんだぁ。

 

手持ちで頑張ってスローシャッター。

f:id:shadowth:20190825112656j:plain

このくらいならなんとか。

 

短いけどこんなトンネルもあります。

f:id:shadowth:20190825112757j:plain

ここは足を止める家族連れでいっぱいです。

 

淡水だけでなく海水コーナーもあります。

f:id:shadowth:20190825112846j:plain

f:id:shadowth:20190825112913j:plain

ガラス越しに泳ぐ魚を撮るのって意外と難しいもんです。

 

かと思いきやカピバラさんが現れたり。

f:id:shadowth:20190825113024j:plain

節操ない水族館のようにも思えますが、コンパクトにまとまっていてバランス感覚はイイと思います。

海なし県の栃木県民はとても楽しめますね。

 

一通り水族館を見てからジェルキャンドルを取りに行きました。

さて出来映えはいかに?

f:id:shadowth:20190825113248j:plain

おぉ、なかなかキレイにできました。

姪も嬉しそうでヨカッタ。

 

叔父さんとしては芯を入れてキャンドルにして、いつか燃やしてこの世の儚さを感じ取ってほしかったんだけどなぁ、ま、いいか。

 

なかがわ水遊園、低予算で一日中楽しめる面白い施設ですよ!

 

(写真は全てX-T1+XF35mmf1.4で撮影)

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(FUJIFILM)へ
にほんブログ村

 

なかがわ水遊園(大田原)〈前編〉

 

8月14日(水)は、姪を連れて約2年ぶりの「なかがわ水遊園」

f:id:shadowth:20190822202609j:plain

台風10号が通り過ぎつつあったこの日、尋常じゃない猛暑です。

 

今日は姪がやりたいと言っていた「釣り」を午前に、「ジェルキャンドル作り教室」を午後に行うのだ。

 

まずは釣り池へ。

f:id:shadowth:20190822202828j:plain

2時間500円で釣り具・エサが付いてきて、手ぶらで来ても楽しめます。

 

本人も望んでいなかったでしょうが、エサを針につけるのなんかもできるだけ手伝わず、見守るスタンスでいきました。

f:id:shadowth:20190822203555j:plain

f:id:shadowth:20190822203628j:plain

それよりも夢中になっている姪をしばしばブレイクさせ、水分を採らせるのを忘れないようにするのに気を使いましたね。

 

こんな魚がいるそうです。

f:id:shadowth:20190822203638j:plain

俺は釣りをやらない(できない)ので、魚のことはあまりわかりません。

ウナギはわかりますよ、食べられるんで。

そういや昔、群馬県板倉町で食べたナマズの天ぷらは美味しかったな。

 

さぁ1匹目が釣れたぞ!

f:id:shadowth:20190822203718j:plain

小さな雑魚でした。

でもやっぱ釣れると楽しいね。

 

続いて2匹目ゲット!

f:id:shadowth:20190822203759j:plain

またもや雑魚。

f:id:shadowth:20190822203810j:plain

3匹目も雑魚。

 

ここはキャッチ&リリースなので、ほんとはすぐに逃がさないとならないのですが、少しの間鑑賞するために10分おきくらいに叔父さんが水替えをしていたのでした。

じゃないと水が温まって魚が死んじゃうからね。

 

そして4匹目、ついに大物が。

f:id:shadowth:20190822203824j:plain

なんかデッカイのが釣れたぁ~!

モンスターハンターでカジキマグロが釣れた時くらいの興奮だ!

 

これはさすがに暴れまわっているので、叔父さんが針を外してやりました。

そしてバケツに入っていた雑魚がみ~んな外に飛び出す始末。

あわてて拾って雑魚をバケツに戻します。

 

見よ、この大きさの違いを!

f:id:shadowth:20190822203835j:plain

周りのガキんちょたちに注目され、照れつつも姪は自慢げです。

 

大きくて魚がまっすぐバケツに入らないし、なんかヌメヌメした液で一気に水が濁りだしたので、ここで全てを池に放流しました。

 

ちょっと場違いともとれる大物釣りに、腹を抱えて笑ってしまった。

いつぞやのワカサギ釣りとは大違いだ。

 

shadowth.hatenablog.com

 

もう少し涼しくなったらまた釣りに来るのもアリだな。

 

〈後編〉へ続く。

(写真は全てX-T1+XF35mmf1.4で撮影)

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(FUJIFILM)へ
にほんブログ村

中6日で晃和軒(日光)

 

8月10日(土)の昼メシ、前回から中6日で登板しました。

 

shadowth.hatenablog.com

 

前回訪問の後、職場でココの話をしたらけっこうみんな知っていて、ある一品をオススメされいてもたってもいられなくなり。

f:id:shadowth:20190821232326j:plain

中6日なので何でも受け入れられる万全の胃なんですけど。

 

店に来る前からオーダーは決まっていたワケで。

f:id:shadowth:20190821232526j:plain

f:id:shadowth:20190821232539j:plain

カレーチャーハンだ!

 

前回のノーマルチャーハンより確かに黄色味がかっていて、カレー味であることを視覚にも訴えてきます。

 

では、いただきます。

f:id:shadowth:20190821233043j:plain

ウんメ~!

 

パラパラに仕上げられたベースがしっかりとしたチャーハン、そこにほんのりカレー風味。

硬めの米を何度もカミカミすると、うま味がどんどん増幅していきます。

 

ごめんなさい、俺間違ってました。
チャーハンってのは、何かを足すのは邪道だと思っていました。
ここに来たらチャーハンはカレー味に限ります。

 

そして地味に効いているのが

f:id:shadowth:20190821234104j:plain

キュウリの糠漬け。

絶妙な漬かり具合で、漬物としてメニューにあったら頼みたいくらい。

 

さっきからチラチラ写真の後ろに登場していて気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?の中華スープ。

f:id:shadowth:20190821234457j:plain

これジンワリと浸み入るんだな~

あくまで脇役に徹していますが、主役も演じることができる実力の持ち主です。

 

ごちそうさまでした!

f:id:shadowth:20190821235149j:plain

今日もウマかった。

 

現時点で2019年の「ベスト・オブ・チャーハン」です。

 

中6日とは言え訪問2回目だから、シャドウさんは店主からまだ認知されていない。

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村