令和元年6月 1泊2日の房総の旅(1日目)

 

6月8日(土)9日(日)、1泊旅行で房総あたりに行ってきた。

妻と妻の父母と妻の姉家族と総勢7人で。

泊まる宿と、東京アクアラインを通る(海ほたるに行く)ことだけが決められた状態で(車とその運転も俺)、後のプランを俺にお任せでぶん投げられた、ちょっと気が進まない旅行。

でもどうせ行くなら与えられた条件の範囲で楽しくなくっちゃね、ということで、最初の停車ポイントへ。

 

佐倉城址公園 ”佐倉菖蒲まつり” に

千葉県佐倉市城址公園で ”菖蒲まつり” がこの土日のみ開催されているという情報をゲットし行ってみました。

f:id:shadowth:20190614185305j:plain

この日の天気予報は思いっきり雨。

でも傘をさしたほうがイイかな?っていうくらいの小雨だった。

 

まぁそこそこの広さで咲き具合も良くイイ感じ。

f:id:shadowth:20190614185509j:plain

それなりにお客さんで賑わってました。

 

カメラはGRしか持っていかなかったんで

f:id:shadowth:20190614185634j:plain

かろうじてお見せできるのはこのくらいでしょうか。

 

会場には一眼レフを構えたオジサンが結構いましたよ。

いつも思うけど、こういったシチュエーションでガッチリした三脚を据えて思いっきり場所を占領してデッカいレンズで撮ってる人ってよくいるけど、できた作品ってどんなモンなのか見てみたいね。

 

パイプテント数張りで地元の方たちが出店&賑やかしをしていまして

f:id:shadowth:20190614185818j:plain

とあるブースの開店直後(開店前?)を襲撃し、牛スジ煮込みをゲット。

まだ値札も出されていない時、鍋でグツグツしている状態で「この煮込みいくら?」って聞いたら500円だったんで買いましたが、初の客だったからか店側も不意打ちを喰らったようで盛る量も定まっていなかったのでしょう、驚くほどゴッチャリ盛ってくれました。普通に飲み屋でこの量だったら1,000円以上はするでしょう。

そして食べてもウマ~!

トロットロで上品なお味で、なんか得した気分。

 

勝浦タンタンメンを求め ”ニュー福屋” へ

内側からでも外側からでも房総をどう回ろうが良かったけど、東京アクアラインは次の日にすることにして、外房を目指し勝浦市へ。

 

勝浦と言えば ”勝浦タンタンメン” でしょう。

f:id:shadowth:20190614191425j:plain

今回はこの ”ニュー福屋” を選んでみました。

 

店内へイン。

f:id:shadowth:20190614192310j:plain

テーブル席ゾーンは20席くらいでしょうか。

その横に小上がりというか別部屋があって、そこも20人弱のキャパでしょうかね。

 

メニュー

f:id:shadowth:20190614192517j:plain

f:id:shadowth:20190614192641j:plain

俺が好きな ”何でも屋” に近い。

 

壁には雑誌の切り抜きが

f:id:shadowth:20190614203243j:plain

やっぱタンタンメン推しなんですな。 

 

 なにはともあれコレからですよね。

f:id:shadowth:20190614202629j:plain

も~ここまででお役御免ということでプハ~。

後は任せた、シャドウ妻よ!

 

勝浦タンタンメンを食わなきゃ意味ないのはわかっているけど、

f:id:shadowth:20190614202855j:plain

半チャーハンの誘惑には逆らえない。

 

では、いただきます。

f:id:shadowth:20190614202958j:plain

ウメェ~!

パラパラな仕上がりですね。

 

んでメインディッシュの勝浦タンタンメン

f:id:shadowth:20190614203207j:plain

かなり美味そうなオイニ~が漂ってきますいただきま~す。

f:id:shadowth:20190614203453j:plain

ウメェ~!

そもそもベースのスープがうめぇ~。

ブタかトリかわかりませんが、動物系と節系のダシが加わった醤油スープにラー油の辛味が加えられたスープ。

そのスープをまとった麺を啜った時の口から鼻に抜けていく香り、メッチャウマイやんけ!旨辛!

 

イイ意味で拍子抜けするウマさ。

義兄が注文した味噌タンタンメンもかなりウマかったそうで。

 

辛いのじゃないのも食いたかったんでチャンポンメンも注文。

f:id:shadowth:20190614204055j:plain

やさしい塩味のトロみが付いたスープ、野菜や肉の旨味が溶け出していてウメェ~!

f:id:shadowth:20190614204301j:plain

 いやいやこちそうさまでした。

 

勝浦タンタンメン、かなり美味いよ。

皆さんも騙されたと思って騙されてみておくんなまし。

 

かつうら海中公園海中展望塔

 次なる目的地はかつうら海中公園。

f:id:shadowth:20190615042952j:plain

海にそびえる塔が海中展望塔。

右手に見えるトンネルをくぐると、展望塔へ向かう橋の手前に出ます。

 

お~、ウルトラマンに出てきそうな雰囲気

f:id:shadowth:20190615043058j:plain

f:id:shadowth:20190615043414j:plain

前日荒れ模様の天気だったからか、この日は透明度が低いっつうことで、入場料が割引価格でした。

 

中は螺旋階段になっていて

f:id:shadowth:20190615043616j:plain

海中に向かってグルグル階段を下りていきます。

 

最下層の壁面に、楕円形の窓がたくさん張り巡らされています。

f:id:shadowth:20190615043810j:plain

なるほど視界不良です。これじゃ魚なんか見られないなぁ。

 

と思ったら、

f:id:shadowth:20190615044020j:plain

いました!

遠くまでは見えないけど、いるいる!大小さまざまな魚がうようよ泳いでる!

 

思いのほか楽しめました。

これ、海の透明度が高かったら相当見入っちゃうと思いますね。

 

ここからは外房をぐるっと南下して、ホテルにチェックイン。

f:id:shadowth:20190615044610j:plain

でっかい紫水晶の前でパシャリ。

壮観です。

 

夕食はありがちなマズいバイキングでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

世里菜(矢板)

 

もう1ヶ月ほど前の日記です。

 

shadowth.hatenablog.com

 

5月12日(日)、やいた軽トラ市の後に訪れた昼メシ処。

f:id:shadowth:20190610192518j:plain

「せりな」って読むのでしょう、ヤンキーチックな店名(の漢字のあて方)です。

俺が小さい頃に流行った「夜露死苦」とか「愛羅武勇」とか、読ませ方はストレートですが、現代に当てはめるとキラキラネームみたいなカンジですかね。

 

店外観

f:id:shadowth:20190610193524j:plain

機能しているかアヤシイたばこの自販機がイイ味だしてます。

店名と言い外観と言い、店内にはリーゼントかパンチパーマのマスターがいそうな雰囲気がプンプンします。そんなマスターは26cmくらいの足のサイズなのに22.5cmくらいの女性もんのサンダル(現代ヤンキー愛用のキティちゃんサンダルではありません)を履いているはずです。

 

客なのにカツアゲされるかもしれない身の危険を感じつつ、店内にイン。

f:id:shadowth:20190610193902j:plain

お~、昭和のニオイは感じさせつつも、いいカンジのオヤジさんとオカミさん(良い意味でね)、娘さんと思しき3人が忙しそうに切り盛りしています。俺の不安は杞憂に終わりました。

あえて人が写り込まないようにした写真ですが、賑わっておりますよ。

 

メニュー

f:id:shadowth:20190610194126j:plain

スバラシイ。

表現的に間違っているかもしれませんが、和洋中イタリアンを網羅しておりますよ。

 

お約束の生ビール

f:id:shadowth:20190610194745j:plain

もう今日の俺の役目は果たしたので、コレでイイのだ。

 

ツマミは餃子

f:id:shadowth:20190610194942j:plain

ちょっと焼き目が甘い写真ではありますが

f:id:shadowth:20190610195028j:plain

野菜メインの餡、モッチリとした皮、メッチャウメ~!

 

俺のメシ、ホルモン炒め定食。

f:id:shadowth:20190610195147j:plain

f:id:shadowth:20190610195251j:plain

ウメ~!

イイ意味で味覇(ウェイパー)味、ブリブリホルモンとシャキシャキ野菜がタップリ。

こりゃまたビールがすすむこと。

 

こちらは妻注文の「ハンバーグ(A)」

f:id:shadowth:20190610195530j:plain

ハンバーグ(B)はもっとハンバーグがデカイそうです。

f:id:shadowth:20190610195727j:plain

こちらもボリューム大のハンバーグでウメ~!

「ハンバーグ(B)」はもっとハンバーグがデカイらしいので、食いしん坊さんはぜひ(B)を注文してみてください。

 

姪注文の「オムライス」

f:id:shadowth:20190610195949j:plain

もうこれ以上何を望もうかというビジュアル。お味もよろし。

そしてボリューム満点。

当然ガキんちょは食いきれなくて、オヤジさんにパックをもらって持ち帰りました。

 

俺たちは遅めの入店だったんで、俺たちが会計をする頃は店内にはお客さんがもう居なくて、厨房から出てきたオヤジさんとお喋りすることができましたが、普通にタバコをプカプカやっていて、昭和丸出しの気さくなオヤジさんでしたね。

「ここは何食ってもウマいね」と話しの中でしていたら、会計の時にオカミさんに端数をオマケしてもらっちゃいました。

ごちそうさま。

 

ここもリピート必須の店となりました。

次は2,450円もする「ジャンボ海老フライ定食」だな。

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

 

飯城園(宇都宮)

 

5月26日(日)、栃木SCの悔し~いドローゲームを見た後、グリスタまで迎えにきてくれたドやん奥様に途中下車させてもらい、姪宅へ。

 

shadowth.hatenablog.com

 

 

そこから妻の運転で夕飯に行ってきました飯城園。

f:id:shadowth:20190604190356j:plain

まだ明るい時間ですが、結構お客さんが入ってますね。

 

店内へイン

f:id:shadowth:20190604190531j:plain

小上がりは6人掛けが3か所、テーブルも6人掛けが3つ、カウンター4席くらいのキャパでしょうかね。

 

メニュー

f:id:shadowth:20190604190844j:plain

食欲を沸き立たせるメニューがズラリと。

 

ま~それぞれが食いたいモンを注文してシェアすることに。

f:id:shadowth:20190604191042j:plain

グリスタでさんざん飲んだけど、またビールなんですけどね。

でも飲んだら中身はプレモルじゃなかった。良かったウマし!

値段もプレモル価格じゃなかったから無問題よ。

 

お通し 

f:id:shadowth:20190604191601j:plain

もやしのナムルっていうんですかね、辛味ゼロだったんで、卓上の自家製と思しきラー油をたらして食ったらウマ~。

 

そしたら餃子が到着。

f:id:shadowth:20190604191922j:plain

知らなかったけど、ココの餃子は宇都宮餃子の一つとして駅なんかでお土産として売っているんだそうな。

だからというワケではありませんが、見るからにウマそう。

 

では、いただきます。

f:id:shadowth:20190604192102j:plain

ニンニクが効いた野菜メインの餡が自家製のモチモチ皮に包まれていてウメ~!

 

 続いてはレバニラ炒め

f:id:shadowth:20190604204440j:plain

キャベツの千切りの上に盛られたレバニラ炒めって珍しいね。

f:id:shadowth:20190604204536j:plain

ニラがシャキシャキしていてこれまたウメ~!

さすがニラの産地栃木県!

 

俺のメイン、はんじょうめん。

f:id:shadowth:20190604204903j:plain

見た目はタンメンにカニ缶のカニがトッピングされたラーメンのように見えます。 

 

では、いただきます。

f:id:shadowth:20190604204921j:plain

うぉ~、想像を良い意味で裏切る手打ち麺。

ゴマの風味が効いたタンメンとでも表現すればイイでしょうか、ウメ~!

でもカニはいらないからあと50円安かったらサイコーです。

 

妻注文の手打ちらーめん

f:id:shadowth:20190604205017j:plain

ウマし!

でもワカメはいらないからあと20円安かったらサイコーです。

 

まだまだ来ますよ、お次はチャーハン。

f:id:shadowth:20190604205038j:plain

ハムとネギとタマゴのシンプルチャーハン 

f:id:shadowth:20190604205220j:plain

これも抜群のウマさ。

でも50円高くてもハムじゃなくてチャーシューだったらサイコーです。 

それと特筆すべきは添えられた中華スープ。これぞ中華食堂のスープってカンジでじんわりと胃に染み入ります。

 

みんなアホだからチャーハンの頼み方を計算できなくて(セットで半チャーハンをいくつか頼んじゃった)最後チャーハン攻めにあってしまいましたが、満足満腹。

f:id:shadowth:20190604205239j:plain

ごちそうさまでした。

 

こんなんじゃ平日の昼なんて入るの大変じゃないのかな。

どうしよう、またリピートしなきゃならない店ができてしまった。

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村