読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そば園 佐竹(常陸太田)

グルメ

今日の昼食は、茨城県常陸太田市の「そば園 佐竹」さんで。

 

趣のある建物で、若き店主とおぼしき職人さんが腕を振るっていましたね。

訪れるお客さんも絶え間なく、さすが「常陸秋そば」提供店だな~と感心しきり。

 

肝心の蕎麦は

f:id:shadowth:20170215203957j:plain

こんなカンジで、粗挽きの粉を使った、太めの蕎麦でした。

 

ただ、蕎麦の太さがバラバラでして、俺の蕎麦の評価基準の一つの「蕎麦の太さは均一」からは外れていました。

太さがバラバラだと、茹でムラができるじゃないですか。

ま、好みの問題でしょうけどね。

そして残念だったのが、蕎麦にヌメリが残っていたこと。きっと洗いが足りないんでしょう。繁盛店にはありがちですね。

 

それでも十分ウマかったのは、蕎麦を栽培する生産農家の努力の賜物であると思います。良い農産物を農家が生産し、その素材を活かした良い商品をどのようにお店が提供できるのか。そのへんが蕎麦店の難しさですかね。

 

なので、そば生産農家が直営で蕎麦を提供するような店が、美味かろうが不味かろうが、責任の所在が明らかになるという意味で、理想的な蕎麦屋さんだと思います。

 

全国各地にそのようなお店はあるのでしょうが、そんなお店の一つ、栃木県は日光市にある「観世音そば 下の家」さんが、俺のお気に入りの蕎麦屋さんです。

 

ここの店主はそば生産農家でして、自分が栽培したそばを、自分で打って蕎麦にして提供しているんですね~。それだけに、並々ならぬ熱い思いが蕎麦となって現れていると思います。

かな~りオススメな、俺お気に入りの蕎麦屋の一軒です。