「ラーメン工房 若草(日光市)」で ”トマトラーメン”

 

今日は ”あの” ラーメンを求めて「ラーメン工房 若草」に。

f:id:shadowth:20180616131929j:plain

宇都宮から国道119号を日光方面に向かい、日光市に入ると程なくして現れます。

 

メニュー

f:id:shadowth:20180616133802j:plain

f:id:shadowth:20180616133816j:plain

味噌味以外はオススメです。

 

時節柄、どのラーメン店でも見かけるアレ

f:id:shadowth:20180616132038j:plain

冷やし中華始めました~♬

 

6月半ばというのにヒンヤリとした今日の栃木県地方ですが、仮に真夏でもここに来たら、俺は ”トマトラーメン” なんです。

ていうか、俺この店ではほぼ100% ”トマトラーメン” しか食ったことないんです。

 

だがしかし、1年くらい前に店主が体調を崩し、店には「しばらくの間、お休みします」の紙が貼られた状態になり、半年ほど前に店主が亡くなられたのです。

もうトマトラーメンは食えないんじゃないかと、半ばあきらめていたのですが、奥さんと元々いたパートのオバチャンが秘伝の味を復活させるべく立ち上がったんですね。

試行錯誤の結果、店主がいた頃の味に近づけることができたということで、2か月くらい前から再び店を開けたということです。

(何を隠そう知り合いの母親がここのパートのオバチャンでして。)

 

というわけで ”トマトラーメン” です

f:id:shadowth:20180616133720j:plain

変わらぬビジュアルにホッとします。

 

塩ベースのラーメンスープに、カイワレ・クラゲ・レモン・なると・茹でタマゴ・ネギが添えられていますよ。

トマトは赤ワインで煮込んでいるそうです。(出典:在りし日の店主と近所のオヤジとの会話)

 

いただきますっ!

f:id:shadowth:20180616134436j:plain

キターーーーーッ!

加水率高めの白くてピロピロ系でツルツル系の、ここでしか食ったことがない、独特の麺だぁ~!

トマトの酸味とベースのスープの旨味、そこに加わるレモンの爽やかさが相まって

ウメ~~~!

 

スープ

f:id:shadowth:20180616135659j:plain

真っ赤でよくわからないでしょうけど、いわゆるイタリアンなドロッとトマトスープじゃなく、アッサリ和スープに生から煮込んだトマトがゴロゴロと入っているスープと説明したらわかりますかね?わっかんねぇ~だろぉなぁ~。

とにかく一度食ってみて(一度じゃこの凄さはわからないかな)。

 

きっとスープには換算3個分くらいのトマトが入ってますよ。全飲みしないけど、オバチャンたちが一生懸命作ったスープなんで、しっかりレンゲでトマトをすくって食いましたよ。スッキリ&んま~。

 

久々だったもんで、餃子も確かめてみた

f:id:shadowth:20180616140328j:plain

皮はいずれにせよ、しっかり手作りの美味しい餃子。

f:id:shadowth:20180616140408j:plain

間違いなくかつてのクオリティーを維持してます。

 

オバチャン3人で切り盛りしてるんでけっこう体がキツイみたいけど、オヤジさんの味を守って末長く営業を続けてほしい名店です!

ごちそうさま!

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村