読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16-17シーズン6日目(尾瀬岩鞍)

日曜日は岩鞍に行ってきました。

ここんとこ岩鞍ばかりですが、敢えて言うなら、ここが俺のホームゲレンデなんですね~。昔はシーズン券で滑っていましたが、今は早割チケットで滑ってマス。

今回は北関東スキー技術選手権大会が開催されていましたね。そのおかげで、普段非圧雪の男子国体コースが圧雪されていて、メッチャ気持ちよかったです。

なのでコース規制が解かれた午後は、男子国体コースを重点的に攻めました。このコースは俺のお気に入りなんだけど、アクセスが悪いからお客さんが少ないので、長い急斜面を安心してカッ飛ばせるんだよね。

f:id:shadowth:20170131185955j:plain

俺の岩鞍でのルーティーン、一日の最後に滑る、その日1本だけのチャンピオンBコースでのスキーも納得いく1本で、気分良く一日を締めくくることができました。

 

しつこいようだが、オガサカET-9.8 サードインプレッション

さてさて今シーズンひょんなことから購入してしまったオガサカET-9.8。今回は2週間前に降った大雪がだんだん落ち着き、比較的締まったゲレンデでの感想になります。

固いバーンでは、トップとテールが雪面抵抗に負けてしまうのか、撓みにくく小さな弧が描けませんでした。俺のウデによるところも大なのでしょうが、これは板のコンセプトにとっては酷な条件なのでしょう。基本的にパウダー用なので、トーションが弱いんだろうから、仕方ないところですね。

半面、万遍なくスキーヤーが入りしっとりと踏み固められた(あくまでしっとりとした斜面ね)非圧雪のエキスパート上部では、抜群の挙動を発揮してくれました。やはりメーカーが意図した条件では最高の性能を発揮してくれます。当たり前か。

 

 

次週はやんごとなき事情によりスキーに行けないのです。2週間後のスキーはどの板で滑ってどんなスキーになるのか、妄想を膨らませて過ごすことにしましょうか。