読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本大地図を購入した

新聞折り込み、テレビCMでおなじみの、ユーキャン「日本大地図」を買ってしまった。

f:id:shadowth:20170223192421j:plain

結構なお値段だったので、同僚にも「楽しいのはわかるけど、買わないよな~」と呆れ気味に言われ、妻にも失笑されましたが、

「地図が好きなんだからしょうがないっ!」

よね。

だって地図を眺めるの、楽しいんだもん。

 

昔から地図を見ては疑似旅行体験をするのが好きで、ツーリング前には未だ見ぬ土地に思いを馳せ、楽しいツーリングが終わり現実に引き戻された後は、その道程を思い返したり、地図は俺の生活を豊かにするアイテムなのです。

 

しかもこれはただの地図だけじゃなく、パノラマあり、名所旧跡の拡大地図ありで、楽しいだけでなく、旅行の予習、そして振り返りなどに、さらなる絶大な威力を発揮するのであります!

 

え?地図なんてネットで十分ですって?

やっぱり視線を動かすだけで全体が見渡せる、紙ベースの地図って見やすいと思いませんか?俺がオヤジなだけ、というコトでもありましょうがね。

f:id:shadowth:20170223193129j:plain

こーゆー視点で位置関係を確認できるのもイイじゃないですか。

チョイ洗脳され気味かもしれないけど、”家宝”にします。

 

次なる俺の小さな野望は、憧れのデッカイ地球儀を居間の吹き抜けに浮かばせ、悦に浸りつつ酒を呑むことでございますよ~。

 

一品香 駒生店(宇都宮)

今日の晩メシ、一品香 駒生店。

 

このお店に来るのは、かれこれ20年ぶり。

建物が新しくなって、駐車場は広くなっていて、さすが宇都宮の草分け的な人気店ですね。

 

20年前に来た時は、昼時行列に1時間くらい並んだ記憶がありますが、今日はすんなり入れてチョット拍子抜け。

 

で、手打ちラーメンを注文。

f:id:shadowth:20170217213352j:plain

おぉ~、懐かしのビジュアル。

からの~

f:id:shadowth:20170217213521j:plain

麺リフト。

 

割りばしの先ほどの太さのウェーブがかかった麺。

昔は太目の平打ちちぢれ麺だったような気がしますが、遠い記憶はアテになりませぬ。

 

いただいてみますと、ツルッとモチッと噛みごたえのある美味しい麺。アッサリながらもコクのあるスープにマッチしております。

 

そんな麺をズビズバ啜っているところに、餃子が登場。

f:id:shadowth:20170217214037j:plain

普通の餃子の2倍以上のデカさ。

皮はモッチリ、ギッシリとした餡の、俺が好きなタイプのザーギョー。

 

うん、ラーメンも餃子もウマいっす。

ごちそう様でした!

 

 

※実は20年前に来た時、車を停めるのに一苦労したうえに、長いこと行列に並んだことから、それ以来ここに来るのを敬遠していました。

でもこれだけ駐車スペースがあって、すんなり入れるのであれば、今後は食事処としての選択肢に十分入ってきますね。

また来たいと思います!

 

そば園 佐竹(常陸太田)

今日の昼食は、茨城県常陸太田市の「そば園 佐竹」さんで。

 

趣のある建物で、若き店主とおぼしき職人さんが腕を振るっていましたね。

訪れるお客さんも絶え間なく、さすが「常陸秋そば」提供店だな~と感心しきり。

 

肝心の蕎麦は

f:id:shadowth:20170215203957j:plain

こんなカンジで、粗挽きの粉を使った、太めの蕎麦でした。

 

ただ、蕎麦の太さがバラバラでして、俺の蕎麦の評価基準の一つの「蕎麦の太さは均一」からは外れていました。

太さがバラバラだと、茹でムラができるじゃないですか。

ま、好みの問題でしょうけどね。

そして残念だったのが、蕎麦にヌメリが残っていたこと。きっと洗いが足りないんでしょう。繁盛店にはありがちですね。

 

それでも十分ウマかったのは、蕎麦を栽培する生産農家の努力の賜物であると思います。良い農産物を農家が生産し、その素材を活かした良い商品をどのようにお店が提供できるのか。そのへんが蕎麦店の難しさですかね。

 

なので、そば生産農家が直営で蕎麦を提供するような店が、美味かろうが不味かろうが、責任の所在が明らかになるという意味で、理想的な蕎麦屋さんだと思います。

 

全国各地にそのようなお店はあるのでしょうが、そんなお店の一つ、栃木県は日光市にある「観世音そば 下の家」さんが、俺のお気に入りの蕎麦屋さんです。

 

ここの店主はそば生産農家でして、自分が栽培したそばを、自分で打って蕎麦にして提供しているんですね~。それだけに、並々ならぬ熱い思いが蕎麦となって現れていると思います。

かな~りオススメな、俺お気に入りの蕎麦屋の一軒です。

 

H.C.栃木日光アイスバックスを応援してきた

今日は栃木県のプロスポーツチーム、「H.C.栃木日光アイスバックス」の応援に、西東京市東伏見ダイドードリンコアイスアリーナに行ってきたよ。

 

アイスバックスのホームリンクは日光霧降アイスアリーナだけど、今日はバックスのホームゲームという位置付け。だからかどうかわかりませんが、スタンドはたくさんのバックスサポーターで埋め尽くされました。

 

あ、俺は”にわか”バックスファンであるコトを断っておきます。

f:id:shadowth:20170204225153j:plain

守護神福藤とキャプテン齋藤のツーショット

 

この試合の前に、フリーブレイズ VS クレインズの試合が行われましたが、バックス VS イーグルスの試合のほうが会場は沸いていました。

会場内は(季節も)真冬だけど、俺も沸いてアッつくなりました。

f:id:shadowth:20170204225602j:plain

試合の模様はX-T1 + XF100-400mmで撮影しましたが、動きがチョー速いんでうまく撮れませんでした。室内という難しい条件ではありますが、完全に腕不足っつうことですね。 

 

応援空しく敗れはしましたが、バックスサポーターはいつも熱いっすね。

選手はこの応援の中で試合ができて幸せなことと思います。って、わかってるかな?

f:id:shadowth:20170204225813j:plain

明日のクレインズ戦は勝ってくれよ!

 

16-17シーズン6日目(尾瀬岩鞍)

日曜日は岩鞍に行ってきました。

ここんとこ岩鞍ばかりですが、敢えて言うなら、ここが俺のホームゲレンデなんですね~。昔はシーズン券で滑っていましたが、今は早割チケットで滑ってマス。

今回は北関東スキー技術選手権大会が開催されていましたね。そのおかげで、普段非圧雪の男子国体コースが圧雪されていて、メッチャ気持ちよかったです。

なのでコース規制が解かれた午後は、男子国体コースを重点的に攻めました。このコースは俺のお気に入りなんだけど、アクセスが悪いからお客さんが少ないので、長い急斜面を安心してカッ飛ばせるんだよね。

f:id:shadowth:20170131185955j:plain

俺の岩鞍でのルーティーン、一日の最後に滑る、その日1本だけのチャンピオンBコースでのスキーも納得いく1本で、気分良く一日を締めくくることができました。

 

しつこいようだが、オガサカET-9.8 サードインプレッション

さてさて今シーズンひょんなことから購入してしまったオガサカET-9.8。今回は2週間前に降った大雪がだんだん落ち着き、比較的締まったゲレンデでの感想になります。

固いバーンでは、トップとテールが雪面抵抗に負けてしまうのか、撓みにくく小さな弧が描けませんでした。俺のウデによるところも大なのでしょうが、これは板のコンセプトにとっては酷な条件なのでしょう。基本的にパウダー用なので、トーションが弱いんだろうから、仕方ないところですね。

半面、万遍なくスキーヤーが入りしっとりと踏み固められた(あくまでしっとりとした斜面ね)非圧雪のエキスパート上部では、抜群の挙動を発揮してくれました。やはりメーカーが意図した条件では最高の性能を発揮してくれます。当たり前か。

 

 

次週はやんごとなき事情によりスキーに行けないのです。2週間後のスキーはどの板で滑ってどんなスキーになるのか、妄想を膨らませて過ごすことにしましょうか。

 

 

お食事処 やしお(日光)

昨日は川俣温泉「川俣一柳閣」で大?新年会。「日本秘湯を守る会」会員のお宿で、雪見風呂を堪能&大宴会でリフレッシュさせてもらいました。

 

その宿に向かう道すがら立ち寄ったのが、「お食事処 やしお」さんです。

日光市は若間にあるこのお店、ご主人がマタギ(猟師)をされているだけあって、野趣あふれる料理を出していただきました。

 

f:id:shadowth:20170124195855j:plain

いきなり鹿刺しがドーンと。

鹿の部位でも上等な背ロースだそうです。臭みゼロでンマ~!このウマさ初めてで感動。

 

f:id:shadowth:20170124200114j:plain

続いてはイノシシの唐揚げがドーンと。

イノシシはあまり食べたことがありませんでしたが、これまた臭みゼロで、しっかりと脂がついていてンマ~な一品。

運転手だったもんでビールをクイッといけなかったのが残念でした。今度は妻を連れて行くしかないね。そん時ゃガンガン飲んでやりますよ。

 

f:id:shadowth:20170124200705j:plain

シメ?は手打ちそば。

日光はそば処。例に漏れずここの蕎麦もご主人渾身の一品。宴会前にお腹イッパイになってしまったデス。

 

こんなンマ~な料理をいただきながら、ご主人から猟の話など、俺が知らない世界の話を聞かせていただいて、とても楽しい一時を過ごせました。

ご主人、ありがとう!ごちそう様でした。

 

16-17シーズン5日目(尾瀬岩鞍)

毎度!岩鞍です。

f:id:shadowth:20170124172750j:plain

先週のまとまった降雪のおかげで、今回も楽しいスキーができました。自然の恵みに感謝です。

いつものごとく、ほぼエキスパート(上部)に張り付いていました。男子国体とぶなの木コースを交えながら。

今回は群馬県スキー技術選手権大会が行われていまして、エキスパート下部は規制がかかっていましたが、競技終了後開放された直後に滑ったら超キモチE~!

天然雪がしっかり圧雪されたバーンってやっぱイイな~と。俺も群馬県の選手たちと大して変わらないんじゃないかって勘違いさせてもらいましたよ。

 

オガサカET-9.8 セカンドインプレッション

さてさてET-9.8、2日目のインプレッションです。

前回は大雪の中ボソボソ雪でしか滑れなかったので、パックされた斜面での滑走は初となります。

でも初回と条件が変わっても、良い意味でほぼ同じ感想でした。しなやかに撓み、優しくヌケていく。しっかりグリップし、スペック以上に小さい弧を描けるのも同様。

新たな発見は、フカフカの新雪ではなく、写真のような非圧雪バーンが荒れたエキスパート(上部)でのターン導入のしやすさ。けっこう手前から反り上がっているトップが効いているものと思われます。

カリカリのバーンはもともと期待していないけど、オールラウンドに使えるスキーであると断言しましょう。

競技志向じゃないスキーヤーは、こういうタイプの板のほうが断然楽しいスキーができると思いますよ。